撮影会モデルインタビュー「長谷川なむ」

撮影会コラム

長谷川なむ

撮影会モデルを始めたきっかけ

某撮影会からオファーをもらったことがきっかけです。それまでも何度かオファーがありましたが、露出系がほとんどで全て断っていましたが、そのオファーは趣味でやっていたコスプレ系の撮影会だったので興味を持ち、やってみることにしました。

実際に撮影会モデルをやってみて

やってみたら、とても楽しかったです。一緒に参加したモデルの方がとても良い方だったので、それが大きかったと思います。いくつか撮影会に参加したことがありますが、やはりスタッフの方や他のモデルの方との相性が悪いと、嫌に感じてしまうこともあります。

でも、基本的には写真を撮られることももちろん楽しいし、撮られた後も「どんな写真ができあがるんだろう?」と、とても楽しみです。特に出来上がった写真が綺麗だった時にはテンションが上がります。

また、正直に言うと、時給が高いのも魅力的ですね。平均して1日に2万円程度、多い時には1日で5万円以上の報酬をいただいたこともあります。

撮影会モデルとしての活動

現在は、月に2,3回のペースで撮影会に参加しています。これまでは色々な撮影会に参加してきましたが、これからは1つか2つの撮影会に絞って参加しようと思っています。やはりスタッフや他のモデルの方との相性が良い撮影会が楽しいので、そういった撮影会のみ続けていこうと思っています。

撮影会モデルをやってみたい方へ

興味があるのであれば、 撮影会との相性もあると思うので、 まずはやってみたら良いと思います。経験していく内に、自分に合っているか合っていないか分かるので、それから続けていくか止めるのか考えたらよいのではないかと思います。