学生に人気な注目のモデルバイト

撮影会コラム

モデルバイトとは?

モデルバイトの種類は多く、募集もたくさんあります。パーツモデルや読者モデル、ファッションショーのモデルなどはが有名ですが、それ以外にも、撮影会モデル、イベントコンパニオンやCM等のエキストラ、パーツモデルなども挙げられます。

報酬や所要時間は仕事内容によってさまざまですので、自分の都合に合わせて働けるところが学生に魅力的です。

モデルバイトの仕事の種類

モデルバイトと一口で言ってもその種類は様々です。ここでは7つのモデルバイトを紹介していきます。

1.撮影会モデル

主にアマチュアのカメラマンの練習として撮影されるモデルです。アマチュアのモデルのほか、アイドルやレースクイーンなどの芸能人も活動しています。ほかのモデルバイトと違って、継続的に活動できることが多いようです。報酬は時給3,000円程度が多いようです。

2.パーツモデル

パーツモデルは「手」や「足」など、身体の一部分を活かしたモデルです。全身のスタイルや顔には自信がなくても、特定のパーツが理想の大きさ、形であれば、活躍できます。パーツモデルになるには、普段の生活から、手や足に傷がつかないように細心の注意を図る必要があります。ネイルモデルもその一つですね。

3.読者モデル

「読モ」と呼ばれる読者モデル。女子大生やOLなど一般人でありながら、ファッション雑誌に登場するファッションモデルのことです。報酬は、撮影1回につき数千円~という額が多いようです。読者モデルは、アマチュアのモデルですがとても人気で競争率は高めです。

4. ファッションショーのモデル

ランウェイを颯爽と歩くファッションショーのモデルには憧れますよね?ファッションショーのモデルは、ウォーキングの技術など、撮影モデルとは異なったスキルが必要になります。一発勝負で撮りなおしができないお仕事です。

5.着用モデル

商品となる洋服や小物を身に着けて、パンフレットやサイト掲載されるモデルが着用モデルです。ファッションブランドやサイトによって募集がかけられています。そのブランドや服に雰囲気が合っているか、似合うかといったことが採用の際に重視されます。また、振袖を着る着物モデルやウェディングドレスを着るブライダルモデルというものもあります。

6. イベントコンパニオン

新商品PRキャンペーンや企業の展示会など、人が集まる場で必要とされるのがイベントコンパニオンです。コスチュームを着てイベントや展示会で、展示品の説明などをします。ステージでMCをやることもあります。大勢の人の前で笑顔をキープし続けなければならず、長時間の立ち仕事でもあるので、大変なお仕事ですが、その分注目をあつめられるお仕事でもあります。

7.エキストラ

ドラマや映画のエキストラです。実はエキストラバイトの募集も意外と多くあります。エキストラバイトの報酬あまり多くなく、交通費も出ない案件もあります。