覚えておきたいモデル撮影会のマナー(NG行為)について

撮影会コラム

初心者にとって、撮影会は何だか敷居が高く感じてしまうもの。しかし、撮影会はモデルと会話しながら写真の練習をできる、とても楽しいものです。ここでは撮影会のマナーや参加方法などについて、詳しく解説しますので、この記事を読んで、気軽に楽しく撮影会に参加してみてください。

撮影会とは

撮影会とは、企業やプロダクション、あるいは個人が主催してモデルを用意し、撮影料を払うことでそのモデルを撮影できる会のことです。モデルとカメラマンが1対1で撮影する「個人撮影会」や、一人のモデルを複数のカメラマンで撮影する「団体撮影会」、複数のモデルを複数のカメラマンが撮影する「セッション撮影会」があります。

撮影会の料金の相場は、6,000円から10,000円程度です。人気のモデルによっては20,000円程度になることもあります。 普通は、各撮影会のホームページで申し込みができます。

ネットで予約でき、撮影料を払えば基本的には誰でも撮影会に参加できますので、趣味や写真技術の向上のために、撮影会は多くのカメラマンが利用しています。

撮影会が開かれる場所は、スタジオもしくは屋外です。屋外は公園や海のほか、街中でも開催されています。同じ撮影会でも開催場所は毎回変わることが普通ですので、同じモデルを様々なシチュエーションで撮影することができます。

覚えておきたいモデル撮影会でのNG事項

モデルが嫌がる行為

 しつこく連絡先を聞いたり、下着が見えそうなポーズを要求したりといったモデルが嫌がる行為は避けましょう。

写真を勝手に公開する

 大抵のモデルの場合、写真の公開の前に事前承諾が必要です。撮影会で撮った写真をSNSなどに公開する場合には、必ずモデルに確認するようにしましょう。肖像権といって、自分が写った写真をみだりに公表、利用されないようにできる権利がモデルにはありますので、勝手に公開して訴えられた場合、使用の差し止めや、場合によっては損害賠償を請求されることもあります。

他のカメラマンに迷惑になる行為

 団体撮影会やセッション撮影会の場合、同じモデルを他のカメラマンも撮影しています。モデルに近づきすぎたり、他のカメラマンの前に移動したりして、他のカメラマンのアングルに入らないように気を付けましょう。また、場合によってはストロボが禁止の場合もあります。事前に主催者に確認するとよいでしょう。

モデル撮影会はカメラマンとモデルの双方が楽しめる場であって欲しいと思います。マナーと礼儀を守って、楽しみましょう。

撮影会の参加方法

普通は、各撮影会のホームページから申し込みできます。撮影会のホームページには、参加するモデル、日時、場所などの記載がありますので、自分の好みや都合にあった撮影会を選び、申し込みしましょう。

申し込み後は、参加当日に指定の場所に行って、モデルと引き合わせをしてもらうだけです。その後、自由に撮影を楽しむことができます。

決済は、申し込み時に支払うパターンと当日に支払うパターンの両方があるようです。ただ、当日支払う場合も直前のキャンセルはキャンセル料を請求されることが普通です。必ず参加できる撮影会に申し込みしましょう。

主な撮影会

最後に当撮影会を含めて、主な撮影会を紹介します。リンクを貼っていますので、よろしければご覧ください。

Syrup(シロップ)撮影会
Fresh!撮影会
マシュマロ撮影会
momo撮影会

ここで挙げた撮影会以外にも沢山の撮影会が開かれています。撮影会によって撮影できるモデルが違うため、ネットやSNSを通じて、自分だけのお気に入りの撮影会、モデルを探すのも面白いかもしれません。