一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いと、どちらを選ぶべきかを解説

撮影会コラム

モデル撮影会などが一般的になり、コンパクトデジタルカメラではなく、本格的なカメラを買おうかなと考えている人も多いと思います。ここでは、本格的なカメラの候補となる一眼レフとミラーレスカメラの違いについて説明します。

ミラーの有無とファインダーの違い

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは、カメラの中にあるミラーの有無です。

一眼レフカメラは、カメラの中にあるミラーにレンズが捉えた光を反射させて、カメラマンはミラーから「光学ファインダー」に投影された光景を直接見ます。 シャッターを切った瞬間にのみミラーが開き、映像素子に記録される仕組みです。そのため、リアルタイムに景色を見ながら撮影できます。

一方、ミラーレスカメラは、その名の通り、ミラーがありません。 レンズが捉えた光景を電気信号に変換し、それを「電子ビューファインダー」や「液晶モニター」に再現します。そのため、明るさや色味などを撮影前に確認することができます。

サイズと重量の違い

ミラーがある分、より大きいのが一眼レフカメラです。逆にミラーが無い分小さいのが、ミラーレスカメラ。ミラーレスカメラは、小さく軽いので、簡単に取り扱いができるのが人気です。

ただ、一眼レフは、大きいため手になじみやすい、大きいグリップや広々と配置されたボタンによって、より快適に撮影に集中できる、という人もいるようです。電器店などで実際に手に持ってみて、自分の手になじみやすいのはどちらか、比べてみるのもよいかもしれません。

画質の違い

一眼レフカメラもミラーレスカメラも、一般的にスマートフォンやコンパクトデジタルカメラよりも大きいセンサーを搭載しています。そのため、どちらもボケ感のある写真やキラキラとした夜景写真など、よりクオリティの高い写真を撮ることができます。

ひと昔前までは、一眼レフカメラは、「APS-Cサイズ」「フルサイズ」と呼ばれる、大型センサーモデルが主流で、ミラーレスカメラは、もう少し小型のセンサーが主流でした。しかし、今では各社とも「フルサイズ」のセンサーを使ったミラーレスカメラを出しており、画質の違いはほぼ無くなったと言っていいでしょう。ミラーレスカメラをメインで使うプロのカメラマンも少しずつ増えてきています。

バッテリーの違い

ミラーレスカメラは 「電子ビューファインダー」があり、小型な分、バッテリーの持ちが一眼レフより悪いのが一般的です。一度にたくさんの写真を撮りたいという方は気を付けましょう。といっても、普通は十分な量の写真を撮ることができます。また、予備のバッテリーも売っているので、そこまで気にする必要は無いかもしれません。

総論

一眼レフカメラもミラーレスカメラも画質の大きな違いは無くなりつつあります。そのため、画質以外の差で選ぶのが基本です。

ミラーレスカメラのメリットは、何といっても小型・軽量であること。日々、カバンに忍ばせて沢山撮りたいという方はミラーレスカメラを選びましょう。

一眼レフカメラは、まだプロのカメラマンの間で主流のカメラで、手に持ちやすいグリップ感を評価する人もいます。特に動く被写体を撮る時は、その持ちやすさのため動きを追いやすく、光学ファインダーは狙った瞬間に撮影することができます。動く被写体をメインに撮影したい場合は、一眼レフカメラを選びましょう。

初心者のためのポートレート撮影のモデルの見つけ方>>